デンタルローンとは、どうやって利用する?

歯列矯正やインプラント、審美治療など歯科では保険診療外の治療が行われていることも少なくないのですが、こうした治療は高額となってしまうため、治療費の支払いのことを考えると二の足を踏んでしまう方もいるはずです。そんな時に便利なのがデンタルローンです。

デンタルローンとは、信販会社が患者に代わって歯科医院に治療費を先払いして、患者は信販会社に手数料を含めた治療費を分割で支払うというものです。



一般的なローンと仕組み自体に変わりはありませんが、デンタルローンとはその名称通り、使用目的が歯科治療に限定されているのが特徴です。保険診療外の治療を中心に行っている歯科医院だけではなく、保険診療を行っている歯科医院でも治療内容によってはデンタルローンが利用できるようになっているところもありますので、治療費の負担を心配した際には問い合わせてみるとよいでしょう。



またデンタルローンとはいえ、通常のローンと同様に利用する前に審査が行われます。ただし、通常のローンより、若干、審査があまくなっており、20歳以上で安定した収入があれば通るとされています。



また通常ローンでは審査に学生や高齢者は審査に通りにくいのですが、保証人や連帯保証人がいればという条件付きでデンタルローンを利用できるケースも珍しくありません。

このように、全ての人が納得できる歯科治療を、費用負担の不安なく受けられるようにと提供されているのがデンタルローンなのです。